博多区 美野島 鍼灸

福岡県福岡市博多区美野島にある南風鍼灸院での鍼灸治療は症状が出てる人はもちろん、
症状が出てない人も行なってもらえる予防治療です。

診療案内

妊娠されている方へ

  • 安産のお灸

  • 安産のお灸

     安産のお灸とは、おなかの中の赤ちゃんを元気に成長させて安産を導くお灸です。また、お母さんの体調を整え、妊娠中の心身の状態を安定させることができます。
     妊娠初期は、お母さんの体調を整える鍼治療を行います。安定期(5ケ月目:16週以降)に入ると三陰交(さんいんこう)と呼ばれる経穴にお灸をします。
     受診時に経穴の位置とお灸のすえ方を指導しますので、ご自宅でも毎日続けることができます。

  • 逆子のお灸

  • 逆子のお灸

    足の小指にある至陰(しいん)と呼ばれる経穴にお灸をすえます。逆子を戻すのに効果がある経穴です。
     安産のお灸で用いる三陰交の経穴も一緒にお灸をすえます。また、より効果を高めるために鍼治療も併用して行います。
    ※逆子と診断されたら、出来るだけ早いうちのお灸をお勧めします。

  • 妊娠中に気をつけること

    妊娠期に母親の精神状態が大変不安定になります。特に、第一期には腹が立ちやすく、二期、三期には躁鬱になりやすいです。四期には憂い感が出て、理由もないのに悲しくなったりします。五期には、恐れおののきが出ます。胎児への不安や、出産時の恐怖感などがあるのでしょう。
    このような妊娠期の不安定状態を克服するためには、妊娠時の正しい理解が最も大切ですが、それと同時に、精神を安定させるには呼吸法が最も有効です。

    <丹田呼吸法>
    まず、おヘソと腰を結んだ線をイメージし、その線に横線を足してお腹の中に「田」という感じをイメージします。 行きを吐く時は、その「田」がグッと上へ上がるように意識し、反対に息を吸う時は「田」が下へ下がるように意識します。
    ポイントは、息を吐くときは出来るだけ細く長く吐くこと。吸うときはあまり意識せず、自然に入ってくる分だけを軽く勢いよく吸うこと。吸った後は少し息を止めておき、その後ゆっくりと吐く。(吐く息→吸う息→止める)の順にします。

  • 逆子はどうしておきるのか

    甘い物や水分を摂り過ぎで陰性になり母体が緩み、胎児が固定できず頭が軽くなり動くので逆子になります。
    車の振動でもなりますので、できるだけ乗らないようにしましょう。
    逆子を治すには足の小指(至陰穴)にお灸をします。十五壮すると二~三日で治ります。臍の緒が胎児の首に二重、三重で巻き付いている場合には治りません(帝王切開で産むことになります)。
    ※安産の灸、逆子の灸は右足から先に施灸する。