博多区 美野島 鍼灸

福岡県福岡市博多区美野島にある南風鍼灸院での鍼灸治療は症状が出てる人はもちろん、
症状が出てない人も行なってもらえる予防治療です。

診療案内

鍼・灸について

  • 鍼について

当院は、経絡治療(けいらくちりょう)と呼ばれる鍼(はり)治療を行っています。
 東洋医学では古来より、体中に気が巡っていると考えられてきました。その気の流れ道を経絡(けいらく)と呼び外界との気の交流を行うところを経穴(けいけつ)と呼んでいます。この経絡を流れる気が乱れると病が生じてしまいます。
 東洋医学では、こういった気の乱れを脉診(みゃくしん)、腹診(ふくしん)、問診(もんしん)といった独特な診察法を用いて、現在の体の状態を全体的・総合的に判断して治療方針をたてます。

  経絡治療は、このような東洋医学的な診察で治療方針をたて、気の乱れが生じている経絡を鍼やお灸を使って整えることにより、人間が本来持っている自然治癒力を向上させて病気や心身の不調をよくする鍼灸治療です。
 局所治療ではなく全身的な根本治療なので、症状の改善をはじめ、体質改善や病気の予防を図ることができます。

脉診とは

  • 脉診とは

    左右の手首の脈の打ち方や脈の質を診ます。
    脈の打ち方や脈の質を診ることによって、現在の体の状態や気の乱れを知ることができます。

腹診とは

  • 腹診とは

    おなかの表面のざらつき、硬さ、違和感の有無を診ることによって、現在の体の状態や気の乱れを知ることができます。

問診とは

  • 問診とは

    病気(痛み)の場所や性状、原因、発症時期などを聞きます。
    また、睡眠・食欲・二便・生理(女性の場合)の調子を聞くことによって、現在の体の状態や気の乱れを知ることができます。

  • 灸について

  • 灸の画像

    灸は、一定の方式に従い、艾(もぐさ)を燃焼、またはそれに代わる物質を用いて、身体の表面の一定部位に温熱的刺激を与え、それによって起こる効果的な生体反応を利用して体の変調を矯正し、疾病の予防または治療する施術です。

    灸は、鍼と同じく古代の中国で発祥し、日本に伝来したものですが、灸を用いた治療は、中国よりもむしろ日本で盛んに行なわれるようになりました。灸術の大きな特徴は、「艾」(もぐさ )という特別な植物が用いられるということです。
    艾( もぐさ )は、主としてヨモギの葉の裏側に付いている「毛茸」(もうじょう)と「腺毛」(せんもう)という部分を材料として作られています。
    中国の古代の人々は、経験の蓄積によって、このような特定の植物の特定の部分(ヨモギの葉の毛茸と腺毛)が、人間の皮膚と組織に対して適度で有効な温熱刺激を与えることに適することを知っていたのです。
    艾( もぐさ )が古代から現代まで変わらずに灸の施術に使われ続けていることから、艾( もぐさ )は灸の施術における核心であり、それは古代の人々の叡智の賜物であると言えるでしょう。
    そして、このような艾( もぐさ )を用いた灸の施術は、鍼とはまた違った意味で極めて特徴的な治療法であると言えます。
    特に灸を行う症例として鼻づまり、逆子、安産の灸、食あたりの灸、不妊症の灸。この他にも灸を用いる場合はあります。

  • 風邪を引くということ

  • 風を引いた女性の画像

    東洋医学では風邪の原因は外から入ってきた邪(じゃ)によっておこります。
    しかし、生命力が強いときは、この邪は体の中に入ることができずに、風邪をひくことはありません。
    疲れていたり、睡眠不足だったり、食べ過ぎていたりして、生命力が落ちているときに、この邪におかされると風邪をひいてしまうのです。
    西洋医学での薬は、この邪であるウイルスをやっつけるための抗生物質などが主でありますから、風邪が治ってもいわゆる「病み上がり」という状態が続き、体のだるさや食欲不振などが残ったりします。
    経絡治療でもこの邪を取り除くことが主たる目的となるのですが、その前に生命力を強化する補いの治療を行い、その後邪を取り除く瀉の治療を行います。
    このように治療しておけば、治った後は風邪をひく前よりも体調が良くなっているのです。

    「経絡治療」は局所治療ではなく全身的な根本治療なので、症状の改善をはじめ体質改善や
    病気の予防としても優れた治療法です。