博多区 美野島 鍼灸

福岡県福岡市博多区美野島にある南風鍼灸院での鍼灸治療は症状が出てる人はもちろん、
症状が出てない人も行なってもらえる予防治療です。

当院について

まぜ日記

2015年07月31日

食べ物の陰陽

看板

写真の看板はうちの看板ではありませんが、消防標識株式会社の方が来られて、美野島郵便局の辺りに看板をつけませんか??とのことでしたが、自分がいざ通ると目線の高さよりも高く気づきにくかったのでお断りしました。

でも、欲しかったなーって気持ちはあります。。。。

暗い気持ちにならず、元気にいきましょう!!!

南風鍼灸院、今日も元気に診療行なってまーす☆

よく温める食べ物、冷やす食べ物って言われたりするので、今日は食物の陰陽についてお話しします。

陰は遠心性で、膨張、拡大、軽い、冷え、動きが悪い、白、青です。
陽は求心性で、収縮、堅い、重い、熱い、熱、動く、赤です。

これを分かりやすく言うと・・・

陰は求心性で膨張する、膨張すれば広がる、広がれば希薄になる、希薄になれば軽くなる、軽くなれば上に上がる、上に上がれば冷たくなる、冷たくなれば凍る、凍れば動かなくなる、動かなくなれば青く光白くなる。

陽は求心性で、収縮して堅くなる、堅くなれば重くなる、重くなれば下に下がる、下に下がれば温かくなる、温かくなれば動く、動けば熱を発する、熱を発すれば赤くなる。

ってな感じですかね。

地上に伸びるものは陰 (ナス、トマトなど) 、地下に伸びるものは陽 (人参、大根、ゴボウ、自然薯、蓮根など)になります。

地上でも横に伸びるのは陽 (南瓜など) 、地下で横ばいになるのは陰 (里芋、ジャガイモ、サツマイモなど) となります。

2015年07月31日

粕と腐る

シーサー♪

昨日、高知の師匠とお電話して元気を頂きました!(^^)!

よーし!!頑張るぞ(#^.^#)
最近は毎日の日課のブログ更新も楽しくやれてます。

>

写真のシーサーは、高知の友人のギーさんに沖縄土産で頂きました☆

ギーさんありがとう!
何か守ってもらえそうです♪

南風鍼灸院にぴったりな雰囲気ですね!!!

話しは変わって、今日は漢字のお話しをします。
漢字はどの漢字ももともと意味があるものだと思いますが、どの漢字がどんな意味があるかまでは、僕も説明出来ませんが、2つほど食事に関連させてお話しします。

まずは「粕 (かす) 」と言う字ですが見てもらったらわかるように、米+白=粕ですよね。
だから、玄米を精米して白米にするのは、栄養をほとんど取ってしまって、粕しか残ってませんよって意味なんです。
やっぱり玄米の栄養って凄いんですねー。
実際玄米の方が、噛んで食べたら味もするし、美味しいですよ☆

次に「腐る」ですが、もともと日本人は農耕民族で、欧米人が狩猟民族でした。
そんな農耕民族の日本人は野菜などが中心の生活なため、腸は長くなっています。野菜などは消化、吸収に時間がかかりますからね。

逆に狩猟民族 (肉食) の欧米人は腸が短くなっています。

腸が短い日本人が肉を食べると腸の中で肉が腐ってしまいます。
「腐る」と言う字に「肉」と言う字が含まれてるのはそのたむです。

まぁーホントの意味は違うかもしれませんが、僕はこんな風にとらえました!
考え方や知識の一つとして、参考にしてみてください!!!

2015年07月31日

福岡、美野島に来たわけ

今日はなぜ福岡に決めたかをお話します

南風鍼灸院、今日も元気に診療行なってま~す☆

写真は美野島商店街から歩いて来ていると、発見できるベランダに取り付けた看板です!(^^)!

先日は、南風鍼灸院の名前の由来についてお話ししたので、今日は5年間いた高知でなく、生まれ育った大分でなく、福岡で始めようと思ったのかをお話しします。

まず、第一に九州に帰りたかった。 (高校卒業して8年間四国で生活)
高知だと緊急時でもなかなかすぐには帰れませんから。

2、僕が入会してる鍼の会が九州に支部がないので、九州支部をいずれは作りたいですが、九州と言えば、やっぱり福岡ですという感覚。

3、福岡は国保の方に対しての保険 (助成) がしっかりしている。

4、福岡からだと高知県や徳島県に飛行機の直通便がある。 (勉強会参加のため)

などの理由で知り合いもほとんどいない福岡で開院することになりました!!!
今は美野島商店街の方々をはじめ、たくさんの人たちに支えれてなんとかやっていけてます。

ホントにありがたく思います。

2015年07月31日

日曜日も診療致します

日曜日

写真は昨日の続きで南風鍼灸院が載っている地図です。

今日は日曜日ですが、予約があれば診療しますよー。
今日も日曜日ですが、予約入ってます。

最近は特に治療が、鍼するのが楽しい!!!

2015年07月31日

南風鍼灸院の名前の由来

南風鍼灸院3か月!!!

写真は美野島地域に配られてる地図に載ったので載せました。
地図は100部もらったので欲しい方はお配りしますよー

南風鍼灸院は今日で3か月になりましたー♪

これからもよろしくお願いしますm(__)m

そこで今日はホームページ上にもありますが、南風鍼灸院の名前の由来を書きます。

南風鍼灸院院長の岩永将弥です☆

今日はなぜ南風 (まぜ) になったかをお話ししたいと思います。

福岡で開院する前は専門学校で3年間香川県、卒業後は5年間高知県で修行していました。

そこで、福岡でするにあたりやっぱり高知らしい名前を残したいなと思い、高知ぽい名前を色々考えました。

例えば…弥太郎、土佐、土佐の海、土佐豊、土佐の風、よさこい、鳴子、いごっそ、はちきん、土佐の灯り
などなどです。

そのように色々候補がある中で南国高知から温かい風を吹かせたいなと考え、初めは「みなみのかぜ」鍼灸院にするつもりでした。

「みなみの風鍼灸院」にしますと師匠に報告したら
師匠から
「みなみの風ならまぜやね」って事で師匠お言葉を最後は頂いて南風 (まぜ) 鍼灸院になりました!!!

早口な僕はよく「まぜ」を噛んだり発音が悪かったりで聞き取り辛いみたいです(>_

けど、そんな南風 (まぜ) 鍼灸院と岩永将弥を今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

博多区美野島にある整体・鍼灸院「南風」では、お役立ち情報をブログで発信しております

博多区美野島の南風鍼灸院では、院長によるブログを随時更新中です。当院の最新情報はもとより、院長の近況報告も交えたエピソードや、お体のお悩み改善に役立つ食事療法などのお役立ち情報も発信しております。
整体ご常連のお客様にお楽しみいただいているのはもちろんですが、初めてご来院いただくお客様の中には、ブログを見たのがきっかけと仰っていただくケースも少なくありません。ブログで院長の人柄に触れられ、安心してご予約ケースが多いのです。
博多区美野島の南風では、ダイエットやリフトアップに最適な美容鍼も行っており、特に女性のお客様に人気です。美容鍼の新プランをはじめ、お得な健康情報やイベント情報も配信しておりますので、是非ご覧ください。